現在位置:@投資信託 トップ > 投資信託とは?

投資信託とは?


投資信託とは、 “投資のプロにお金を預けて、運用してもらい、そこで生まれた利益を得る”という投資手法です。

一般的に「投資」というと、皆様は何をイメージするでしょうか?やはり、一番にイメージされるのは、自分の資金を自分自身で運用する身近な投資手法、つまりは証券や近年話題の外国為替証拠金取引(FX)、商品先物取引ではないでしょうか?

しかし、本サイトでご紹介していく投資信託は、証券やFXとは違い、運用はご自身では行わず、プロに委託します。そのため、証券取引などの“ご自身で増やしていく”投資手法とは異なり、銀行預金と仕組みは似ているといえます。

銀行預金の場合、預金には利息が付きます。つまり、放っているだけでも、いつの間にかお金が増えているわけです。投資信託はこれと同じです。

まず、お金のプロ(ファンドマネージャー)はあなたのような複数の投資家からお金を預かります。ファンドマネージャーは、その資金を総合し、世界中の株式や債券などへ投資・運用を行います。そして、運用されて生じた利益と投資家へ“配当”として配分します。

投資信託説明図

もちろん、銀行でも、利息が高い銀行、低い銀行が存在するのと同様に、投資信託でも、運用を担当するお金のプロによって、配当の高いファンド、低いファンドは存在します。そのため、投資家は「いったいどのファンドを選択すれば、高い配当を得ることができるのだろうか?」と考え、よく見極めたうえで、投資先のファンドを選択する必要があります。

ただ、投資信託は銀行預金とは決定的に異なる点があります。それは、投資信託は「損失」を被る危険性を秘めたリスク商品だということです。

投資信託を運用するファンドマネージャーは、お金のプロですが、あくまで人間です。失敗することもありますし、経済の流れが予想通りに動かない場合もあります。ファンドマネージャーが集めたお金を増やすことに成功したら、元金は増大し、投資家に還元されますが、投資したファンドが全く儲からなかった場合には、還元は受け取ることはできず、当初預けていた元金が減ることもあります。

つまり、銀行預金は「元本を確保(※銀行の元金確保は一千万円まで)」し、「利子の還元を約束」しているものであり、投資信託は「元本保証もなく」、「リターンの支払いも約束されていない」リスクを持った投資商品なのです。ただ、投資するファンドの運用成績によっては、銀行預金以上の大きなリターンを望むことも可能です。リスクがあれば、リターンもある。それが、投資信託なのです。

▲ページトップへ