現在位置:@投資信託 トップ > 投資信託のメリット

投資信託のメリット

投資信託は前述の通り、運用されている資金=多くの投資家から集められた資金です。そのため、投資信託は、自分自身への投資益も、出資者からさらに細分化されたものとなるため、全て自身の出資で行い、全投資益を取得できる証券やFXなどと比較すると利回りは低いというデメリットがあります。

では、そんな投資信託の人気が高い水準で定着しているのは、なぜでしょうか?
他の投資にはない、存在意義を示す投資信託のメリットが下記となります。

月々1万円からの小額投資が可能

既出の通り、多くの投資家から資金を募って運用されるものが投資信託です。従って自らが全ての投資資金を工面する必要はありません。あくまで、自分の負担できる範囲で考えていくこと。それが、投資信託です。

分散投資が可能!

投資信託で投資する対象は株式、不動産、債券と様々です。そのため、例えば、ファンドの投資対象が不動産と債券の2つに分かれている場合、不動産市場の落ち込みを債券で補うなど、安定した投資が可能となっています。

プロのファンドマネージャーが資産運用を担当

自分ではなく、プロのファンドマネージャーが資産運用を行ってくれるため、「日常が多忙で、株などのトレードができない!」という方や、「知識が無いから資産運用を実施することが不安だ」という方にとっては、おすすめです。「ほうっておくだけで極力手間のかからない資産運用」が投資信託のもっとも大きな強みと入れるでしょう。そういう点でも特に現在、若い世代の会社員の方など忙しい方などに人気です。

※投資全般言えることですが、投資信託は必ずしも利益が、見込めるわけではありません。(損失が発生する場合もあります。投資はリスクもついてまわるということを考えて、自己責任で行いましょう。)

▲ページトップへ