現在位置:@投資信託 トップ > 環境ファンド

「環境ファンド」とは?

環境ファンド(エコファンド)とは、従来の投資尺度だけでなく投資対象となる企業の環境問題への取り組みも投資判断に加えて銘柄選定を行う投資信託のことをさします。
環境問題への取り組みを投資尺度に加えるというのは、環境汚染、CO2などを削減する機械や設備を製造している会社をポートフォリオに組み入れるということではなく、企業として「様々な側面から環境問題に積極的に取り組んでいる企業を選別する」ということが基準となります。

メリット

環境問題への積極的に取り組む=「高い成長力がある企業」であることが期待でき、会社の大きな業績アップが期待できる可能性があります。

デメリット

環境問題への取り組みにはコストがかかり、会社の収益を圧迫する可能性が高く、結果として高い収益は期待できない可能性が高くなります。

主なファンド商品

損保ジャパン・グリーン・オープン(愛称:ぶなの森)

損保ジャパン・アセットマネジメント株式会社

基準価額 買付時の申込手数料 信託報酬 特色
8,545
(2008年2月8日現在)
3.15%(税抜3.0%)を上限 純資産総額に対して、年率1.575%(税抜1.50%)
  • ■主として日本の株式(※1)に投資し、長期安定的な信託財産の成長を目指す。
  • ■環境問題への取組状況と本来の投資価値の両面から分析し、評価の高い銘柄に投資。
  • ※1:我が国の金融商品取引所に上場(これに準ずるものを含みます)されている株式を主要投資対象とします。

日興エコファンド

日興アセットマネジメント

基準価額 買付時の申込手数料 信託報酬 特色
8,010
(2008年2月8日現在)
申込価格に対して上限2.1%(税抜2%) 純資産総額に対して年率1.575%(税抜1.5%)
  • ■日本の環境関連優良企業(エコ・エクセレントカンパニー)のなかから成長が期待できる企業の株式に投資。
  • ■株式組入比率は原則として高位を維持する。
  • ■企業の環境対応度に関しては、日本でのエコ調査の先駆者である「グッドバンカー社」が調査・分析を行なう。

これらの商品を扱っている証券会社は?

フィデリティ証券

フィデリティ証券
取扱ファンド数:
350本以上
  • ファンド積立「ステップ・BUY・ステップ」では、75本あるノーロードファンドも全て積立が可能。
  • 上記に加え、さらに、通常お取引に比べて申込み手数料が割安になるファンドが115本以上。

SMBC日興証券

SMBC日興証券
取扱ファンド数:
750本以上
  • 申込手数料無料ノーロードファンドは150本以上。
  • SMBC日興証券は、三井住友フィナンシャルグループの中核証券会社として、リテール、ホールセール両ビジネスを展開する総合証券会社。

マネックス証券

マネックス証券
取扱ファンド数:
171本
  • マネックス証券のみで取り扱える専用のファンドを多数用意されている。
  • 毎月コツコツ貯められる積立サービスは中長期的な資産形成に便利。
  • ネット証券会社での投資信託販売≪実績No1!≫

▲ページトップへ