現在位置:@投資信託 トップ > ひふみ投信独占インタビュー

『資産形成の方法』をはじめ、ひふみ投信が注目の各種投資信託を徹底解説!

インタビュー画像1

2010年4月、独立系投資信託「ひふみ投信」手掛けるレオス・キャピタルワークス株式会社に取材を行いました。「ひふみ投信」は2008年10月よりレオス・キャピタルワークス株式会社が運用・販売をスタートした公募投資信託であり、市場から高評価を受けています。

「ひふみ投信」が、なぜ支持を集めているのか?

取締役の藤野英人様、白水美樹様に伺いました。

――独立系投資信託として市場から高評価を得ている『ひふみ投信』ですが、みなさんはどのようなところに惹かれて口座を開設されるのでしょうか?

ありがとうございます。お客様にお伺いしたところ、いくつかの理由を伺いました。

まずは、低コストであるという点。これは「お客様の長期的な資産形成のよきパートナーでありたい」とする経営理念そのままですが、弊社ではお客様に投資信託を「始めやすく」そして「長く保有」頂きやすいように商品設計を行っています。
そのため、お客様が最も気にされる信託報酬(保有期間にかかるコスト)は年率1.029%(税抜き0.980%)と低く設定しています。また、5年保有で0.2%、10年保有でさらに0.2%と信託報酬が下がりますので、最終的には0.629%となります。

次に、毎月1万円から始められる点です。
投資は、ある程度お金がたまってからでないと始められないとお考えのお客様が多いのですが、ひふみ投信では、「少額から」「毎月こつこつと積み立てたい」というお客様のために、『定期定額引き落とし購入』をご用意しています。もちろん、ご自身の都合に合わせて、好きな金額で購入する『振込購入』もありますので、ご安心ください。

その他には、ひふみ投信の各種セミナー等も大変評価を頂いています
特に、経済や社会(生活全般)のテーマに沿って「ゆたかなくらし」についてのヒントを得るセミナー『ひふみサロン』は毎回各界の著名な方をゲストへお招きしてお話を伺うもので、平日でも多くの方にお申し込みを頂いています。気になる方はHPにて過去の回の映像を公開していますので、是非、ご覧下さい。

ひふみ投信とは

――次に、競合他社には負けないポイントを教えてください

はい。「ひふみ投信」では、5年以上保有されているお客様には信託報酬(かかったコスト)の一部を実質還元します。資産形成応援団といって、これは日本初のサービスです。

具体的には、5年以上保有を頂いている分に関しては信託報酬年1.029%のうち0.2%分を、10年以上保有をされている場合には0.4%を還元します。こちらは長くじっくりと資産形成されるお客様を少しでも応援したいという想いから創りだした仕組みです投資家が投資信託を保有する平均期間は3.1年と言われています。これでは概ね5年周期と言われている景気変動のサイクルを資産形成に生かすことができません。5年、10年とお持ちいただき、景気サイクルも吸収しながら安定的に資産形成を頂くための仕組みとも考えています。

また、弊社ではひふみ投信のほかに海外の年金や、国内の企業年金などの資金も運用しています。そのため、同業他社と比較して運用の体制が整備されています。ファンドマネージャーやアナリストは年間で一人あたり200社を訪問し、実際に足を運び、現場を目で見て、経営者と話をして、実際に投資する企業を選別しています。

優良な投資先を見つけるために、いくつかの着目点がありますが、以下の点を特に重視しています。

  • 1.TOP(経営者)の理念が明確であること。
  • 2.描いているビジネスモデルが時代に即していること。

――ありがとうございます。
それでは、次にひふみ投信を購入されている方の特徴を教えてください。

30代男性が多いです。

次が40代男性。その次が20才男性でしょうか。居住地域としては関東在住の方が半数を占めます。また、性別の割合では80%男性、20%が女性となっています。
他の投信会社と比較して男性の比率が高いため、今後は女性にもアピールしていきたいと考えています。

――次に、ここ数年での顧客の心理変化に関して伺いたいと思います。
近年の市場動向としてはリスクをとる「投資」よりも、安定性をとる「資産運用」という意識がユーザー側としては強いように感じますが、ここ数年でのユーザーの意識に変化などありますか?

インタビュー画像2

そうですね。
若い世代に「資産運用」の考え方が芽生えてきたのは事実です。特に「貯めて増やす」という意識を持った20〜30代のお客様が多い。ただ、これは若い世代に特に多い訳ではありません。

近年の少子高齢化や、それに伴う年金支払いへの不信感などもあり、様々な年齢の方に資産形成の重要性が認識されやすい経済環境になったことが一番の要因だと思います。

――ありがとうございます。
では、少し話が変わりますが。冒頭でも貴社の魅力にうちに挙げられていたセミナーの反響(お客様の声)を教えてください

まず、セミナーに関しては30代〜40代の参加が多く、会場の場所柄か会社帰りのサラリーマンが多いです。
おかげさまで毎回、参加者の9割以上の方にアンケート調査上で満足とご回答頂いています
ゲストを招くひふみサロン参加者の声としては「話を聞くと元気になれる」などポジティブな意見が多いのが特徴です。

また、運用の報告を行うひふみアカデミーでは、ただの運用報告会ではなく、「このような観点で世の中を見て、このように投資を行いました」など、どのような視点を持っているのかもレクチャーをします。また、不明点があればすぐに聞ける環境なので、疑問をもちかえらずその場で解消できます。

――ひふみ投信様にて今後、サービスの向上の予定などあれば教えてください。

いろいろありますよ(笑) まず、今後、最低購入単価は引き下げたい。
今は1万円からですが、5,000円からなどもっと引き下げたいと考えています。
あとは、HPの操作性向上。まもなく対応できますが、ご自身の資産状況もWeb上でご覧いただけるようになります。

あとは、セミナー回数をもっと増やして、セミナー開催場所も全国各所で実施したり、Web上での動画配信も行ってまいります。

加えて、今まで以上に運用力を上げることです。さらなる調査・運用の向上を目指します。

――なるほど。斬新ですね。
それでは、最後になりますが、まだ、ひふみ投信の口座をお持ちでない方へメッセージなどいただければ幸いです。

インタビュー画像3

小さく、ゆっくり、長く。

手に汗をかかない、ドキドキしない金額(小さく)から始めて、ゆっくり、長く投資を行うこと。これが投資で成功する秘訣だと思っています。

ひふみ投信の良さは投信のムダともったいないをなくして、お客様本位に作られた投資信託であること。世界で認められた運用会社があなたのために精一杯資産運用のお手伝いをいたします。月々1万円からあなたも長期投資家の仲間入りです。

――以上です。ありがとうございました。
今後のサービス拡充の場面では様々な点を挙げて頂きました。
これからのレオス・キャピタルワークス株式会社『ひふみ投信』の躍進を注視していこうと思います。

藤野様、白水様、ありがとうございました。

【取材時期:2010年4月レオス・キャピタルワークス社内会議室にて】

ひふみ投信 バナー468-60

ひふみ投信
  • 「ためてふやす」新しい資産形成を提案〜ゼロからの資産形成
    資産を「運用する」から、資産を「ためてふやす」発想へ
    口座引落しで毎月1万円から積み立てることのできる「定期定額引落し購入」で、誰でも資産形成
  • できるだけ安いコストで 幅広いお客様の資産形成を 長期にわたって応援
    買付時、解約時の手数料をゼロにし、保有に係る信託報酬もできるだけ安くしました
    日本初!5年以上保有いただくと信託報酬がさらに安く〜「資産形成応援団(信託報酬一部還元方式)」という仕組みで、5年以上保有で年率0.2%、10年以上保有で同0.4%の信託報酬を実質的に還元します

▲ページトップへ