現在位置:@投資信託 トップ > フィデリティ証券独占インタビュー

はじめて投資信託を選ぶ際のポイントや、他の投資商品に無い投資信託ならではのメリットをお聞きしてきました。

――   一般的に投資信託が初心者向けといわれているのは何故でしょうか?

フィデリティ証券 応接室画像
多くの投資商品は少なからずリスクがあるもので、経験や知識が無い状態で始めようと思ったときには皆さん手が出しにくいものです。投資信託は色々な資産に分散投資されたパッケージ商品で、少額から購入することができ、しかもその運用は専門の運用会社(ポートフォリオマネージャー)が行っています。つまり個人でも少額からプロの運用を享受できるといったところで、あまり投資経験や知識のない初心者の方に向いていると言われています。

――   私のような初心者が投資信託を選ぶ際に気をつけるポイントは何でしょうか?


投資信託は長期で保有して利益を狙っていく商品ですので、事前にその特徴を理解した上で、長い目で自分の運用目的にあった商品選びをすることが大切です。実績の数字を一辺倒に比較してしまうと、実はお客様の投資目的に合っていなかったというケースが見られます。

現在個人が購入可能な商品は、かなり多様化してきていますので、投資信託選びは非常に難しくなってきました。投資対象や地域だけでなく、リスクレベルも商品によりそれぞれ異なります。まずは自分自身の運用目的をお考え頂いた上で、どのぐらいまでリスクを許容できるか?リターンをどれだけ狙いたいか?といった方針をまず決めていただき、それに合う商品を絞り込むというのが最初のステップになります。

――   人気の高い投資信託を教えてください。


投資目的やリスクレベルによって合う商品は異なりますので、どれが人気があるのかと一概に申し上げられませんが、あえて申し上げるのであれば、傾向としてここ1〜2年目立っているのは新興国に投資するものや短期決算(分配)タイプのファンドでしょうか。ただそれは全体的な傾向であって、全てのお客様に合うかどうかというのは別のお話になります。

@投資信託さんの方でも、しっかりとした商品の情報提供や公平な証券会社のサービスを比較をされて、お客様に有益となるご活動をされていただければと思います。

――   それでは、商品のことも良くわからない、リスク許容も大きくない人はどのように商品を選ぶべきでしょうか?


初心者の方は投資先やマーケットのことも良くお分かりにならない状態で投資信託を購入されるケースもお有りでしょうが、複雑で理解できない商品は避けるということを心がけて下さい。つまりご自身がその特徴を理解し、納得できるような中身が分かり易い商品を選ぶのがよいのではないでしょうか

例えば、身近に感じられる日本のマーケットに投資しているようなものだとか、手数料などのコストが安いといった商品とか、インデックスファンドなど市場全体に連動する商品等、比較的リスクが低く中身が把握し易いものを選ばれてみてはいかがでしょうか。 そして投資信託になれたところで、もう少し違った特徴のある商品を考えると良いでしょう。

――   ファンド積立「ステップ・BUY・ステップ」についてお聞かせ下さい。


ファンド積立「ステップ・BUY・ステップ」は手軽に月々1万円から始めていただけるファンド積立サービスです。

ステップ・BUY・ステップ

(ファンド本数は2008年10月現在)

複数の資産に幅広く分散投資する仕組みを持っているため、ファンドは継続して保有することにより、特定の資産や市場の短期的な価格変動の影響をうけにくく、一般的に中長期の運用に向いている投資商品といえます。さらにファンド積立なら一度申込んでしまえば、毎月決まった分のファンドを自動的に買い足していくため、手間なく着実に長期投資を続けるような「仕組み」ができているのです。
つまり「ファンド」×「積立」=「ファンド積立」は、それぞれのメリットをあわせもった強力な「資産形成の方法」といえます

――   それでは、最後になりますが、フィデリティ証券で投資信託を購入するメリットについてお聞かせ下さい。

フィデリティ証券 ロビー画像

フィデリティは、世界中に関連会社があり、個人だけでなく様々なお客様に資産をお預かりしています。その実績とノウハウをもとに、フェィデリティ35では、日本の個人投資家の皆様に資産運用のサービスを提供しています。また、350本以上の多彩なファンドラインアップには、ノーロードファンドも多数あり、お客様のニーズにあった商品をお選びいただけます。さらに、ファンド積立「ステップ・BUY・ステップ」では、無理なく継続いただけるように、一括購入した場合に比べてお申込み手数料が割安になるファンドも揃えております。
もちろん、オンラインサービスの特徴を活かした情報提供など、お客様の投資スタイルにあわせてサポートいたしております。

――   本日は、貴重なお話を聞かせていただき、ありがとうございました。

ありがとうございました。これからも宜しくお願いします。

フィデリティ証券

フィデリティ証券
取扱ファンド数:350本以上
  • ■ 取扱ファンド数350本以上、運用会社40社
    ■ お預り資産に応じてファンド申込手数料が最大優遇で0%になる「手数料優遇プログラム」
    ■ フィデリティ証券のNISA口座ならファンド申込手数料いつでも0%


▲ページトップへ