現在位置:@投資信託 トップ > インデックスファンド

インデックスファンド

市場の連動と同じ値動を目指す運用を行う投資信託のことを指します。
日本では日経平均株価(日経225)や東証株価指数(TOPIX)があり、米国ではダウ平均株価やNASDAQ総合指数・S&P500のような株価指数(インデックス)があります。

インデックスファンド説明図

メリット

一般的に手数料(販売手数料・信託報酬)が安く、手数料0円(ノーロードファンド)のファンドもあります。
また、様々な銘柄への分散投資が可能であり、ファンドごとの運用成績の差が少ないのが特徴です。

デメリット

手数料が安い反面、見返りが低いことが挙げられます。

主なファンド商品

日経225ノーロードオープン

DIAMアセットマネジメント

基準価額 買付時の申込手数料 信託報酬 特色
10,493
9期(20070810)
ありません 信託財産の純資産総額に対して、年率0.84%(税抜0.80%) 日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目指す。

GS外国株式インデックス・プラス

ゴールドマンサックス・アセットマネジメント

基準価額 買付時の申込手数料 信託報酬 特色
9,943
2008年02月08日現在
お申込み日の翌営業日の基準価額対して上限3.15%(税込) ファンドの純資産総額に年率1.428%(税込) ■ベンチマークであるMSCIコクサイ・インデックス(※1)(配当なし/円換算ベース)との連動性を維持しながら、ベンチマークを上回る収益を安定的に獲得することを目指す
■多角的な視点からの国別(株式市場・通貨)配分および銘柄評価により、様々な市場局面でも安定した付加価値の獲得を追求。
■原則として為替ヘッジは行わない。
■ファミリーファンド方式での運用

これらの商品を扱っている証券会社は?

SMBC日興証券

SMBC日興証券
取扱ファンド数:
750本以上
  • 申込手数料無料ノーロードファンドは150本以上。
  • SMBC日興証券は、三井住友フィナンシャルグループの中核証券会社として、リテール、ホールセール両ビジネスを展開する総合証券会社。

マネックス証券

マネックス証券
取扱ファンド数:
171本
  • マネックス証券のみで取り扱える専用のファンドを多数用意されている。
  • 毎月コツコツ貯められる積立サービスは中長期的な資産形成に便利。
  • ネット証券会社での投資信託販売≪実績No1!≫

▲ページトップへ